セシルのもくろみの衣装やロケ地は?原作のネタバレも紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャプチャ
スポンサードリンク

キャプチャ

 

主婦層を中心に2017年夏、話題のドラマ『セシルのもくろみ』!ファッション雑誌の読者モデルの話と言うことだけあって、気になるのは使われている衣装やアクセサリーですね!またこのドラマには原作があり、どういうストーリー展開になるのか、放送まで待ちきれない方の為に、ネタバレやロケ地も合わせて調べてみました!

 

スポンサードリンク

ロケ地は?

自分を着飾ることに興味がなく
平凡に暮らしていた専業主婦
(真木よう子さん)が、

 

スカウトされ、
雑誌の読者モデルになることで
世界感が変わっていくと言う

キャプチャ

 

女性が憧れる
シンデレラストーリーで、

 

30代から子育て主婦層を中心に、
この夏注目のドラマのロケ地は
一体どこでしょう?

 

目撃情報を集めてみると、

 

埼玉県の北春日部近辺で撮影する様子が
度々目撃され、NSNでその様子を
UPしいている方が沢山いらっっしゃいます!

 

大沼グランドでは、
真木よう子さん、金子ノブアキさんを
目撃したとの情報が!!

 

キャプチャ

 

大沼陸上競技場は、
春日部駅からは徒歩25分の位置
にあるそうで、

 

今後まだ撮影がある可能性も
あるかもしれないので、
気になる方は要チェックですね!

キャプチャ

 

他にも、

北春日部から見て南東の方の
藤塚、

 

埼玉県春日部市大場にある
東武鉄道伊勢崎線の武里駅前

 

キャプチャ
東武スカイツリーラインの近くを
流れている古利根川

 

キャプチャ

等で目撃されている様です!

原作のネタバレは?

この『セシルのもくろみ』は、

 

30代から50代の主婦層に
絶大な人気を誇るファッション誌
「STORY」の中で、

 

2008年から2010年にかけて連載された
小説「セシルのもくろみ」
が原作となっています!

 

原作のネタバレを簡単にまとめると、

38歳の平凡な生活を送っていた
専業主婦の奈央が、

奈央の同級生の文香
が、

 

「私たち専業主婦って、
すぐ揶揄の対象になるでしょう。
呑気で世間知らずで、
まるで頭が悪いって言われているみたい。
だから、私も何か始めようかって
思っちゃった」と誘われ、
人気女性誌「ヴァニティ」の
読者モデルのオーディション
を受けることになったのですが、
まさかの奈央が合格となります。

 

これまで読んだこともない
“ファッション誌”
という世界に足を踏み入れ、
初めは戸惑いの連続でしたが、

 

美しさとプロ意識で他を圧倒する
トップモデルらと接していくうち、
徐々に、新たな世界の扉が開いていき、
それまで感じたことがなかった
価値観を見つけていくことに!!

 

真っ向から否定していた
“オンナの世界”で
嫉妬、見栄、生存競争、
経済格差、禁断の男女関係等の中で、
トップモデルとして突き進んでいきます!

 

原作では、よき理解者となった
編集長と一線を超え、
やはり家族が大切だったと気づく
場面もありますが、

 

ドラマでは、女性編集長になっている
ので、主人公が不倫するという
ドロドロストーリーはなさそう
ですね!

 

今不倫は社会問題レベルになっている
ので、あえて主人公にそういう脚色
はしないのかもしれませんね!
まあ、簡単にまとめると
人はいくつになっても、
どんな立場になっても、
美しく輝いていたい、
人に褒められたい思いがある
といったところでしょうか!

 

衣装が気になる!

 

ファッション雑誌を舞台にした
ドラマということもあって、

 

洗礼されたた衣装に注目が
集まっていますね!

 

2015年のドラマ
『マザーゲーム』でも、
お洒落なファッションは
かなり注目されていました!!

キャプチャ

マザーゲームの衣装やバッグをチェック!値段やブランド名は何?

 

現在はドレスレンタル東京の
Dress Code西麻布さんが、
衣装を提供したと情報を載せていますが、

東京都港区西麻布2-25-19 Barbizon 28 7F

個人的には、
専業主婦の時のラフな
奈央の洋服のほうが、
かわいく着こなせそうで、
注目ですが

 

キャプチャ

 

その他の情報はまだないので、
情報が入り次第更新
したいと思います!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>