半分青いの秋風羽織の絵はくらもちふさこ!漫画家の作品や経歴を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャプチャ
スポンサードリンク

キャプチャ

2018年春の朝の連続テレビ小説『半分、青い。』ついに永野芽郁さん演じる主人公鈴愛(すずめ)が、秋風羽織(豊川悦司)の書いた少女漫画を読んで、大きな影響を受けることになりましたね!そこで気になる秋風羽織の原作の絵の作者くらもちふさこさんについて調べてまとめてみました!

 

スポンサードリンク

 

秋風羽織について

 

高校3年になり、みんなが受験勉強
に励む中、
就職することを決めた 鈴愛に
夏休みの間、律がずっと
少女漫画を貸してくれていました。

 

キャプチャ

 

その漫画の作者が秋風羽織で、
とても乙女心をくすぐる作品で、

 

しかも登場人物の主人公は
知的で思慮深くて、とても上品で、

 

謎に包まれた作者もきっと
そういった素敵な女性かと
誰もが思っていましたが、

 

その正体は
なんと中年のおじさんww

 

キャプチャ

 

癖が強いwwし、
すご~く厳しいw

 

とてもとても濃い
キャラクターの秋風羽織先生が
今後ドラマを盛り上げてくれるのは
間違いなしなのですが、

 

実際に秋風羽織の漫画の絵
を書いているくらもちふさこさん
とはどういう人なのでしょうか!

 

関連記事

キャプチャ

半分青いのネタバレや結婚相手をが気になる!最終回や結末を紹介

 

キャプチャ

半分青半分青いで律と喫茶店デートしていた女の子は高嶋菜七!彼女なの?

 

キャプチャ

半分青いのツインズは双子のMIOとYAEが可愛い!見分け方や本名は?

 

キャプチャ

半分青いのボクテ(藤堂誠)の志尊淳がカッコいい!ゲイ役は二回目?

 

キャプチャ

半分青いですずめの結婚相手の夫役は誰?原作やモデルもチェック!

 

キャプチャ

半分青いのなお(菜生)役の奈緒がかわいい!本名や経歴は?

 

 

 

くらもちふさこ先生につて

 

 

くらもちふさこ
(クラモチフサコ)さんは、

 

子として64歳(2018年)で、
1972年にデビューした漫画家
です。

 

キャプチャ
妹さんも同じく漫画家で
倉持知子さんとおっしゃる
そうです。

 

少女漫画が多様化していった
1980年代に、
少女漫画のよりリアルな面を、
繊細な筆致で描き出し、

 

「いつもポケットにショパン」
など多くの名作を生み出し
人気漫画家となりました!

 

キャプチャ

 

この作品は
1980年2月号から1981 年7月号
まで連載されていた漫画で、
単行本は全4巻です。

 

作者である
くらもちふさこさんが
高校時代まで
ピアノを習っていた為
作品の題材としてクラシック
が選ばれたそうです!

 

音楽家になるために
切磋琢磨する若者の姿や、
恋愛模様が描かれています。
それまでの少女マンガのヒーロー
といえばスポーツマンか優等生
でしたが、

 

ミュージシャンをヒーローとしたのも、
くらもちふさこ先生が最初であった
そうです!
また1995年に
地方の村の中学校
を舞台で、

 

田舎の小さな学校に通う主人公と、
都会からやってきた転校生
との間の甘酸っぱい恋を
描いたラブストーリーの
「天然コケッコー」は
大ヒットし、

 

キャプチャ

 

第20回講談社漫画賞を受賞し、
実写映画化されて話題になりました!

 

キャプチャ
『半分、青い。』大好きっこは
是非、くらもちふさこさんの
原作漫画もチェックしてみてください♪

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>