透明なゆりかごの作者・沖田 ×華の読み方や本名は?生い立ちが壮絶

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャプチャ
スポンサードリンク

 

キャプチャ

 

累計325万部超の、沖田×華さんの漫画作品『透明なゆりかご』がドラマ化され話題となっていますが、この作品の作者である沖田×華さんがどんな方か気になり調べまとめてみました!とても大変な人生を送られて様です。

スポンサードリンク

 

プロフィール

名前:沖田 ×華

生年月日:1979年2月2日

血液型:B型

出身地:富山県魚津市

職業:漫画家

 

名前の読み方は?

 

キャプチャ

最初は「エレファン異治郎」
というペンネームを
使っていたそうですが、

あまりにもダサくて気に入らない
と思っていた時に、

大ファンだったライターさん
に名前を付けてもらう事になり、
そのライターさんが

「起きたばっかり」
と言い放った言葉で
決まったそうです!w

 

ちなみに
おきたばっか』と読む
そうです!

 

そして
何故「×」なのかと言うと、
「作家が自分の名前に×がある
なんてあり得ないないし目立つから」
という理由です。

なかなかユーモア溢れる
面白いペンネームですよね!

本名は?

 

気になるのが本名ですが、
『蜃気楼家族』を執筆する際、

 

キャプチャ

 

母の旧姓が気に入っていたので、
別に話題にならない本になる
だろうと
登場人物の名前を自分以外本名
にしてしまいましたが、
有名になってしまった現在、
親戚総出で大ブーイングをうけた
というエピソードがある為、
本名は、
寺田美雪さん
という説が有力だそうです!!

生い立ちが壮絶

 

親は中華料理屋で、
子供の頃に
アスペルガー症候群や
学習障害、
注意欠陥・多動性障害
と診断され、

 

物事に対して強いこだわり
を持っていたり、
他人と仲良くなれず、
苦労したそうです。

 

キャプチャ

 

そんな沖田 ×華さんでしたが、
成人してから看護婦として働き
始めましたが、

 

看護婦として働き始めても
仕事はうまくいかず、
自らの命を絶とうとし

 

そこから夜のお仕事や、
大人の作品に出演もされたそうです。

 

しかし、夜のお仕事をされていた時、
待機室にあった実話誌を読み、
その時に漫画家の桜井トシフミさん
の存在を知り、

 

そのギャグセンスに衝撃を受け
心酔し、
出版社にファンレターを送ったこと
が切っ掛けで桜井さんとの交流が始まり、

 

その際に、年賀状の絵が個性的だと
褒められ、
漫画家になるよう勧められ、
現在にいたるそうです!!

 

凄い!!人生って
いくつになってもどこに
チャンスがあるかわからないから
面白いですよね!

 

このエピソードは
とても希望が持てますね!!

 

また沖田×華さんは
美容外科に勤めていた時
「この胸が大きかったら、
人生は無敵になるはず」
と思い、
豊胸をし、

 

やってみると
ずっと悩んでいたコンプレックスが
たったの1時間で解消されてしまい、
ここから整形にはまり
400万以上も使って整形
したそうです!

 

またバイセクシャルである
事も公表しており、
10年来の恋人がいることも有名
だそうです!

 

そして、母親と末の弟、
家族三人ともアスペルガーで、
(相手の気持ちが汲めない等の
症状が有名)

 

更には母親と父親は
離婚していますが、
父親はストーカーに変貌して
母親を追いかけまわして
暴力をふるったり、

 

その後、上の弟までも父親に
ストーカーされるという
恐ろしい出来事もあったそうです。

 

その他にも沖田×華さんの
生い立ちの数々の凄いエピソード
がありますが、

 

ありすぎて書ききれませんw

 

でも、そんな沖田×華さんだからこそ、
この複雑な重いテーマの作品を
書き上げることが出来たのか
とも思います。

 

ドラマの放送が毎回楽しみです。

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>