ドラマ

いつかこの雨がやむ日までの最終回やネタバレを予想!犯人や動機は?

2018年のドラマ『いつかこの雨がやむ日までの』
放送の回を重ねても、真犯人が未だにわからず、みなさん色々な予想や意見が飛び交っていますね!
そこで気になる真犯人や、ドラマの犯人を皆さんの意見を参考にまとめてみました!
(これはあくまで予想ですのでご理解ください)

あらすじ

主人公・光(渡辺麻友さん)は、15年前、兄が当時付き合っていて劇団ウミヘビの主演女優麻美(三倉茉奈さん)を殺害した容疑で捕まり、その間ずっと雨の中にいる様な辛い人生を過ごしてきました。

しかし、15年後兄が出所をした時に「俺は無実だ」だと告げ、ひかりの前から再び姿を消します。
その後間もなく、ひかりが所属する劇団ウミヘビで現在主演女優花田舞子(紺野まひるさん)が死んでいるのが見つかります。

また花田舞子が昔ジュリエットをして大成功を収めた舞台『ロミオとジュリエット』が再び公演されることになり、主催者の天竺要(吹越満さん)の娘天竺芽衣(宮沢エマさん)が主演で、最後のリハを行っている最中、天竺要のすぐ上の照明が落ちてきて、父親をかばった娘芽衣さんが大きなケガを立て続けに追ってしまいました。

第二の殺人事件が起こり、どうやら誰かが復讐をしている模様!
果たして本当の犯人は一体誰なのでしょうか?また15年前の事件の真相は?!

『いつかこの雨がやむ日まで』関連記事

最終回やネタバレを予想!犯人や動機は?

第5話が終わり、だいぶ話が見えてきました!

・和也の義理兄は、麻美のストーカーをしていて、その時に撮っていた写真に真犯人や証拠に繋がる写真がある

・麻美のお腹の中の子供は、和也の子ではなく、劇団ウミヘビの天竺要の子供だった

・麻美の父が今回の事件を剛田と共に真実をもみ消していた

・麻美の姉・千尋は、國彦(真美の恋人)になにか特別な感情がある

これらのことから推測すると、麻美の死の真相は、自殺、もしくは姉の千尋だった可能性が高いかもしれません!

麻美が自殺だった場合、
天竺要が麻美を妊娠させたのに、劇団員の花田舞子に乗り換えた天竺要を許せず、姉・千尋は花田舞子、そして天竺要に復讐をしたのではないかと思います。(天竺要の上に照明を落とす予定が、娘・芽衣が庇ってそっちがケガしたのは予定外だったのでは)

でも、それだと麻美の父親が15年前の事件をもみ消した理由があまりないので、やはり真犯人は姉の千尋の可能性が一番高いですね!

千尋は自分が特別な感情を抱いていた國彦を裏切り、天竺要との関係を持った妹を許せず、口論になりその勢いで麻美を殺害してしまい、娘をかばう為、議員と言う力を使い、刑事の剛田に事件の真相を捻じ曲げさせていた。

しかし、國彦が服役している間に、姉の千尋は、妹麻美の妊娠の真相を知り、天竺要と花田舞子に復讐したのではないでしょうか?

最終回を終えてネタバレを追記しています!!

⇒いつかこの雨がやむ日までの真犯人説まとめ!理由やポイントは?