映画

スターウォーズエピソード7のネタバレやあらすじは?結末や見どころ

大人気『スターウォーズ』シリーズのエピソード7『スターウォーズ・エピソード7/フォー図の覚醒』は、新しい3部作シークエル・トリロジーの第1弾です。
2015年に公開されたこの作品を簡単にこの作品のあらすじやネタバレ、見どころなんかを簡単に紹介したいと思います!

あらすじやネタバレを紹介

本作はエピソード6のエンドアの戦いから約30年後の話です。
銀河系は、暗黒面を司る最高指導者スノーク

が率いるファーストオーダーとルークの双子の妹であるレイアが指揮をとるレジスタンスが衝突している状態です。

レジスタンスのパイロットであるポーダメロンと相棒のドロイドBB-8は砂漠の惑星ジャクーにある村で、行方不明になっているルークスカイウォーカーの居場所を示す地図を入手します。

しかしそこへカイロレン率いるファーストオーダーが襲来し、ポーダメロンは捕虜にされてしまい、BB-8が地図を持って逃げたことを知られてしまいます。

捕虜にされていたポーダメロンですが1人のファーストオーダーによって救出されます。
彼はFN-2187と名乗り、ファーストオーダーの所業が嫌になり一緒にここから逃げ出そうと言います。

ポーダメロンは彼のことをフィンと呼び、2人はTIEファイターで脱出しますが、追手のミサイル攻撃を受け、ジャクーへ墜落してしまい、離れ離れになってしまいます。

フィンは砂漠を放浪の末、少女レイと逃走していたBB-8に出会います。そこへBB-8を捜索していたTIEファイターが現れ、レイ達は廃品置き場に留置されていたミレニアムファルコン号に乗り込み、追手を振り切ってジャクーを脱出します。

危機を脱したレイ達でしたが、謎の大型貨物船に捕獲され、その船からファルコン号の元所有者ハンソロとチューバッカの2人が乗り込んできます。
彼らと一緒にレイ達は惑星タコダナの酒場の主人マズカナタの元を訪れます。

しかしファーストオーダーが地図を求め惑星タコダナへの攻撃を開始し、レイはレンに捕えられ、スターキラー基地へ連行されてしまいます。

その後、タコダナに到着したレイアとポーダメロン率いるレジスタンスと合流したソロ達は惑星ディカーにある基地に向かい、スターキラー基地を破壊する計画を立てます。

一方囚われたレイはレンとの接触によりフォースが覚醒します。

レイは自らの力で脱出に成功し、基地内に潜入していたソロ、チューバッカ、フィンの3人と合流し、基地を爆破するため爆薬のセットを試みます。

そのときソロは息子のレンと遭遇し、フォースの暗黒面を捨て、家族で共に暮らそうと説得しますが、レンは自身のライトセーバーでソロの体を貫きます。

ソロの死を悔やみながらも爆薬を爆破し、ファルコン号へ向かうフィンとレイの前にレンが現れます。
フィンはマズから預かったルークのライトセーバーでレンと戦うも、レンのライトセーバーにより重傷を負ってしまいます。

フィンが取り落したライトセーバーを、レンはフォースで自分のもとに引き寄せようとしますが、宙を舞ったライトセーバーはレイの手中に納まります。
そしてレイの一撃がレンの顔に大きな傷を負わせます。

さらにレジスタンスの猛攻によりスターキラー基地のコアの破壊に成功し、基地が崩壊を始め、2人の対決は一旦終わりを告げます。
レイは負傷したフィンを連れ、ファルコン号で脱出します。

ディカー帰還後、R2に保管されていたルークの所在が示された地図とBB-8が手に入れた地図が結合され、ルークの居所が明らかとなり、レイはR2とチューバッカと共にファルコン号で地図に示された惑星へ向かいます。

そこでルークと出会いエピソード9に続きます。

見どころや結末は?

本作からは少女レイが新たに主人公となります。


注目する点はこのレイという少女が一体何者なのかという点です。

前作までのエピソード1から6まではスカイウォーカーファミリーが主となり物語は進んでいましたが、レイはスカイウォーカーではありません。

物語が進むにつれて彼女が何者なのかがわかってきます。

本作ではフォースを覚醒させ、レンと互角に渡り合えるほどの力を披露します。

一方少年カイロレンはレイアとソロの息子であり、スカイウォーカーの血が流れています。
ジェダイではなく、暗黒面のスノークを師としています。
本作で彼はまだ暗黒面に染まりきれていないところがあり、スノークに光のフォースへの誘惑と決別するために実の父親を殺す試練を与えられます。

本作では苦悩するレンがダースベイダーのマスクの前にひざまずきながら、光の誘惑を感じた旨を吐露し、ダースベイダーのようになることを決意するシーンがあります。
エピソード7からのシリーズは少女レイと少年レンの2人の関係が重要になってきます。

『エピソード7』では、銀河帝国の新部隊であるファースト・オーダーと、反乱同盟から派生した組織レジスタンスについて描かれ、ストーリーの題材は、従来のスピンオフ作品(スター・ウォーズ レジェンズ)をベースにはしていません。

『エピソード6/ジェダイの帰還』以降の物語を、完全にオリジナル・ストーリーで描いています。